自分の力で
患者さまの命を救う実感。

Tsubasa Fujikawa

藤川 翼Tsubasa Fujikawa

東京医科大学病院
救急医学/助教
東京都出身。東京医科大学卒業後、東京女子医科大学病院での研修を経て、東京医科大学病院の救急救命センターにて勤務。

ーー おじい様、お父様も東京医科大の医者だったそうで、藤川さんで3代目ですね。

いや、実は曽祖父も東京医科大だったから、私で4代目なんです。親戚にも医者は多かったし、私がこの道を選んだのも、やっぱり自然なことだったという気がしますね。特に親に「医者になれ」と言われたことはなかったですが。

そして父も救命救急だったのですが、家に帰ってきたと思ったらまた呼び出されて飛び出していくなんていうことはしょっちゅうでした。そういう時代だったのですが、そんな父の背中を見ながら育ったのは確かです。
ーー お父様も喜んでいらっしゃるでしょうね。
まあ、面と向かってそんなそぶりは見せませんが、絶対に喜んでいると思います。
ーー 救命救急の魅力は何でしょうか。

やはり自分の力で患者さまの命を救うという、その実感に尽きるでしょうね。患者さまは全部違うし、病態も多様です。昨日までは正しかった治療が今日は適切ではないということもあります。もちろんそれはとても怖いことですし、当直の時など、急変しても自分の力でなんとかしなくてはならないという重いプレッシャーがあります。

その中で、自分の力で患者さまを救ってみせるという思いは強いですし、そこが救命救急の魅力でしょうね。若いからこそ怖いもの知らずでぶつかっていけるし、体力面でも乗り切れるんだと思います。
ーー 鍛えられると。
そうですね。特にご家族との接し方は大変に難しく、厳しいことを言わなくてはならないこともあります。言葉の選び方一つにも気を使うし、その経験が自分の感情をコントロールする力を鍛えてくれていると思います。
ーー 東京医科大学の魅力と何でしょうか。
人間関係がすごくいいですよね。先輩にも臆せず意見が言えるし、先輩もそれに対して真正面から答えてくれる。それに他科との風通しもよくて、院内のネットワークがどんどん広がっていく感じがします。これも父の時代から変わらない当院の文化だと思います。
ーー 将来について聞かせてください。

最終的には、開業医である父の後を継ぐのかなあと思っています。そのためにも救急以外のサブスペシャリティを身につけたいですね。

幼い頃、家族で外出したときに交通事故の現場に遭遇して、父が颯爽と駆け寄っていったのをおぼろげに覚えています。あれは無条件にカッコよかった。自分もあんなふうに、スーパースターのように人を救える医者になりたいですね。それが将来の目標です。
あとは、5代目をつくることかな。

仲間へのメッセージ

  • 治療方針などで迷っている時に、熱い言葉で背中を押してくれる偉大な先輩。兄貴として慕っています。

    Kotaro Uchida
  • 愛されキャラ。救命救急になくてはならない人です。オンオフの落差が激しくて、お酒を飲んでるときはすごいです。

    Yasuhiro Ueda
  • 事務的な業務については文句なしにNo.1。彼女がいなかったら我々の仕事は穴だらけになるでしょう。いつもしっかりフォローしてもらっています。

    Masako Sakurai
  • 医療知識では誰もかないません。すごく頼りになる先生です。研修医を連れて、よく飲みに行っています。

    Yosuke Minami
  • 思い込んだら一直線に突き進むタイプ。普段は穏やかでも、一度スイッチが入るとすごく厳しくなれる人です。

    Kentaro Morinaga
  • 知識も向上心も素晴らしくて、後輩ながら、とてもかなわないと思っています。尊敬できる後輩ですね。

    Keiichiro Shimoyama
  • 女性の後輩ができたのは初めてだったので、嬉しかったですね。すごく元気なタイプで、職場を華やかにしてくれています。患者さまに対しても優しいですよ。

    Saeko Yoneyama