救命救急の先にある
患者様の想いまで。

Yosuke Minami

三浪 陽介Yosuke Minami

東京医科大学病院
救急医学/助教
北海道出身。弘前大学医学部を卒業後、北海道にて麻酔、救急、集中治療の研修を経て、東京医科大学病院に入職。

ーー 東京医科大学病院救命救急センターの魅力とは何でしょうか。
恵まれた環境なのは間違いないと思います。それも、給料や勤務時間といった目に見える範囲の環境に限ったことではなく、空気感のような目に見えない面での心地よさはかなり大きいのではないでしょうか。働くスタイルや学び方について同調圧力のようなものはなく、自分なりのルールに従って自分らしく進めていける。そうした“自由さ”は、医師という生き方を選んだものにとっては大きな魅力だといえます。ただ、だからといってそれに甘えてはならないと思います。
ーー と言うと?

救命救急の最前線はシビアな現場です。目の前で患者様が急変し、命のやりとりが行われます。我々はそのときどう対処すべきか、瞬時に判断できる嗅覚を身につけていなくてはなりません。それはただ漠然と場数を踏めばできるようになる、経験を積めば身につくという甘いものではなくて、エビデンスとサイエンスをどこまでつきつめて学んできたかに尽きます。

従っていくら東京医科大学病院の待遇がいい、自由さがあると言ってもそれに甘えることなく、徹底して学ぶために自分で自分を追い込まなくてはなりません。私は教育にも力を入れていますが、そうした姿勢を貫いた後輩がやがて救命救急の現場でオートマティックに動けるようになっていく姿を見るのは、医師としての成長を目の当たりにできて、嬉しく思います。
ーー 学び続けられることが魅力であると。
日々様々な出来事が起こり、一つとして同じ状況はありません。向上心を持って吸収し続けなくてはならないし、学んだことがすぐ医師としての成長につながり、患者様の命を救うために反映できることが一番のやりがいですね。
ーー 今後についてお聞かせください。
救命救急はあくまで通過点です。その後の患者様とどう向き合うかということにも心を砕く、そのような医療に取り組みたいですね。患者様の命を救うことには救命救急に携わるプロとしてのプライドをもって臨みたいですが、その先にある患者様ご本人の意思やご家族の想いといったものにも向き合い、常にその時点でのベストの選択を行い、そしてその選択がもたらすものの重みともしっかり向き合いたい。その厳しさを受け止められる仲間を増やしていきたいと思います。

仲間へのメッセージ

  • いいお兄さん的な存在ですね。アップダウンがあるけれど、私は大好きです。もっと公私ともに深く関わっていきたいと思います。

    Kotaro Uchida
  • チームリーダーとして頼りになる存在です。責任ある立場として、ぜひこれからもみんなを引っ張っていってほしいですね。

    Yasuhiro Ueda
  • いい意味で、仕事に対して抜け目のない先生ですね。誰からも信頼されている、必要不可欠な存在です。

    Masako Sakurai
  • プライベートでも仲がよくて、毎日のように連絡を取り合っています。“陰のリーダー”と言われるほど、存在感の大きな先生です。

    Tsubasa Fujikawa
  • トータルバランスのとれた先生です。信頼しているので、これからもよろしくお願いします。

    Kentaro Morinaga
  • 優秀な先生で、非常に高いポテンシャルを持っています。キャリアを重ねて、素晴らしい医師へと育ってくれることを確信しています。

    Keiichiro Shimoyama
  • いつも笑顔で、叱られてもへこたれずに頑張っています。その元気に感謝です。これからも頑張ってください。

    Saeko Yoneyama